· 

2020年のすごい目標設定

明けまして、おめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い致します。
2020年のスタートは、北海道でスキー三昧だった岩倉ゆきこです。
皆さまは、どのようなお正月をお過ごしでしょうか。
もしも、お正月にゆっくり過ごされる時間があるならば、是非考えてみて頂きたいなぁと思うのが、
 
今年の目標設定
 
です。
 
『忙しくて、目標なんて考える余裕はない!』
 
『目標を決めたいけど、自分に負荷をかけ過ぎて辛くなるのは嫌だな…。仕事の目標だけで十分!』
 
と以前の私なら、確実にそう呟いていました。
 
だって、会社では結構なプレッシャーを感じる予算やプロジェクトごとの目標がある中で、子育てと仕事でバタバタと1日が終わる毎日。敢えて言うとしたら、家族の健康…子どもの成長…とか??
つまり、当時の私は、全く自分にベクトルが向いていない状態だった訳です。
ちょっと極端な例えをするなら、まるで、お正月の空をフラフラと風に流されて飛んでいる、糸の切れた凧状態?!
 
ですが、人間って目的地が決まっていないと、ゴールに到達するスピードも、到達地点も、大きく変わってくるそうです。
 
昨日、2年ぶりに箱根駅伝で勝利を収めた青山学院大学の監督も、目標設定には力を入れていて、
 
選手たちの自主性を促す方法として「目標管理シート」と「目標管理ミーティング」を取り入れていているそうです。

目標管理シートは、すべての選手に、タイトルと毎月のチームのテーマ、それに対する個人のテーマ、その下に個々の目標と、それを達成するために何をやるべきかを具体的に書かせる。

そしてそのシートをもとに、学生たちで6人ごとのランダムなグループをつくらせミーティング。

人間って他人に言われるより、自分で言うほうが、より自主的に取り組む、という考えから監督はミーティングには加わらないそうです。
 
 
確かに、会社の目標も、自らが望んで設定していない目標であれば、結局は「やらされている感」が出てきたりしますよね。
では、私はどこを目的地に設定したら良いのか?
陸上の選手とは違って、目標タイムがある訳ではない場合、
一年後にどんな自分になっていたら、ワクワクするか?
 
と考えるとどうでしょうか?
何だか自分にワクワクするもの、自分を応援したくなるもの。小さくても大きくても、きっとあると思うんです。
私も、小さいものから大きいものまで、いくつか今年の目標を決めました。
 
そしてその目標達成に向けて、行動に移せるようにするには…工夫が必要です。それは別の記事でお伝えするとして、
 
先ずは、どれだけ自分がワクワクして、しっくりする目標を設定できるか、が、目標達成の大きな鍵を握っています。
 
「2020年をどう過ごして、どんな自分に会いたいか」
 
新年最初の月に、ミニテキストを使いながら、目標について一緒に考えてみませんか?
2020年を、変化の一年にしていきましょう!!
 
 
《2020年の「すごい目標設定」》
 
所用時間:90分
費用:3000円
場所:オンライン
 
日程:
1月11日(土) 10〜12時 or 13〜15時
 
1月19日(日) 13〜15時
 
1月23日(木) 10〜12時 or 13〜15時
 
の何れかご都合のつく日時にて。
 
◯ モヤモヤがスッキリする目標を決めたい!
◯ 1人ではなかなか考えがまとまらない!
◯ 2020年は、ワクワクの一年にしたい!
◯ これまで何度も挫折した目標に挑戦したい!
 
という方にオススメです。
 
お申し込みお問い合わせは、